小さかった雛が日々成長していく姿を見ることが楽しみの一つになっています

農場部

船﨑 賢汰Kenta Funasaki

2018年入社

現在の仕事の内容、そのやりがい、将来の展望について教えてください。

現在場長の指導の下、阿波尾鶏の飼育に関わっています。
飼育と一言で言っても、鶏舎の温度管理や機械類の管理、鶏の出荷作業や出荷後の鶏舎の清掃作業、次回の雛の受入準備など、その時の農場の鶏の日齢によって作業は多岐にわたります。
毎日鶏を観察していると、最初は小さかった雛が日々成長している事がよく分かり、それが楽しみの一つになっています。出荷するときは、無事に育ってくれて良かったと一安心します。
今は1つの農場を完全に任せて貰えるよう、日々頑張っています。

ご自身がどのような就職活動を経て、なぜ丸本を選んだのか、教えてください。

高校卒業後、徳島県立農業大学校に通っていたのですが、進路を決める際、学校からオンダン農業協同組合を紹介してもらいました。
顔見知りの先輩も就職しており、楽しく働けそうだと感じたからです。

仕事で身につくことはありますか。

畜産の仕事内容は多岐に渡るので、本人のやる気があれば色々身に付くと思います。
例えば、飼育に使用する機械類の点検や設備の補修など簡単な作業は基本的に自分で行います。
荷物の運搬や除糞作業で車両の運転も行うし、鶏の飼育や疾病には生物学的な用語がけっこう出てきます。
作業内容が多岐に渡る分、最初は分からない事だらけですが、分からない事は会社に出入りしている
職人さんや技師さん、常勤している獣医さん等に聞けば大抵は教えて貰えますし、知識を得るチャンスはたくさんあると思います。

SCHEDULE FOR
ONE DAYある日のスケジュール

  • 8:00 出社
  • 8:00 作業打合せ・報告
  • 8:30 鶏舎内見回り・機械類点検
  • 12:00 昼休
  • 13:00 資材の補修
  • 15:00 鶏舎内見回り・清掃
  • 17:30 翌日作業確認
  • 18:00 退社

BACK INTERVIEW