ENTRYエントリー

自分が考えた製造ラインで
実際に商品が作られていく瞬間が
最もやりがいを感じる瞬間です。

工務部

江川 真一Shinichi Egawa

1996年入社

工務部(エンジニアリング)

現在の仕事の内容とそのやりがいついて教えてください。

丸本の強みは「生産能力」にあり、それを支えるのがまさに工場の機械設備です。工務(エンジニア)の醍醐味は、そうした工場の機械設備の配置・メンテナンス・エネルギー管理・トラブルシューティング等、会社の中枢を担う機械に携われることです。一見、地味な作業に聞こえますが、工場機械の配置1つとっても、それぞれの商品の生産効率や人員配置を考慮して、どの機械をどこに配置すれば生産効率を最大化できるかを考えて設計していく必要があり、まさに縁の下の力持ちとして食品製造に携わることができます。自分が考えた製造ラインで実際に商品が作られていく瞬間や、製造ラインの改善により生産効率がアップした時が、最もやりがいを感じる瞬間です。

工務部(エンジニアリング)の直近の目標をお聞かせ下さい。

現在は、様々な機械メーカーさんと折衝して、生産・製造ラインを設計し構築することをしていますが、将来的に工場全体の設計に挑戦したいです。
また、工場機械の開発にも将来的に丸本グループ内で完結できるよう、エンジニア機能の強化を見据えております。それには高い技術力が求められますが、その分お客様からのニーズにより柔軟に対応できるようになり、丸本グループとしての付加価値を更に高めることに繋がると信じております。

機械の発展が目まぐるしい現代において、将来の展望を教えてください。

現在、日本の人口は減少傾向にあり、労働人口の減少も著しく進んでおります。特に、丸本グループが所在する徳島県海陽町では、東京一極集中の煽りを受けております。しかし、そうした社会動向を悲観するのではなく、チャンスと捉え、「辺境の地でこそイノベーションを」という想いで取り組むことにやりがいを感じるのです。AI(人工知能)の目覚ましい発展を、傍観しているのではなく、いち早く取り入れて行ける様、より高い生産設備の構築も視野に入れて動いております。

ご自身がどのような就職活動を経て、なぜ丸本を選んだのか、教えてください。

学生時代からものづくりに興味があり、生産ラインを作ってみたいと思っていた際に出会ったのが丸本グループでした。とは言っても、学生時代から設計ができたかと言われると全くできませんでした。「技術はまだないが、機械を通して全国に広がる産業に携わりたい」という想いを伝えたところ、見事採用されました。現在の学生さんは非常に優秀ですので、「採用試験までにこれができなきゃいけない」ということは一切ありません。唯一あるとすれば、「機械を通して生活に欠かせない食を支えたい」という想いです。
そんな学生さんと一緒にできることを心待ちにしております!

SCHEDULE FOR
ONE DAYある日のスケジュール

  • 7:00 燃料残量チェック→機械室 工場屋外設備見回り→メールチェック
  • 8:00 朝礼
  • 8:30 稼働状況確認→新規設備
  • 10:00 修理等打ち合わせ→部品発注→書類確認
  • 12:00 お昼休み
  • 13:00 工場構内見回り→設備工事内容打ち合わせ→提出書類作成
  • 17:00 見回り
  • 18:00 退社

BACK INTERVIEW